世界最強の後衛【ネタバレ感想】なろう系異能アクション漫画の良作

ネタバレ

世界最強の後衛 ~迷宮国の新人探索者~を読んでみて感想を書いてみました。

なろう系異能アクション漫画として久しぶりに良作を読んだ感じ。
シンプルで面白いので非常におすすめです。

ネタバレもあるのでご注意ください。

あらすじ

主人公跡部有人は社員旅行のバスの中で死んでしまう。

目が覚めた先はたくさんの転生者が生活している迷宮国だった。
迷宮国に魂を引き取られた人物は「探索者」として転生することになっているとのこと。
そしてそこには上司である五十嵐課長も来ていた。

美人と評判の五十嵐ではあったが鬼の仕事人だった彼女に跡部は社内一の社畜と呼ばれるほど働かされていた。
そのこともあって跡部は彼女と一緒にパーティを組むことを避ける。

そして1人で職業鑑定に行くと正体不明の職業「後衛」につくことになる。

バカにされることを恐れ亜人の傭兵と2人でダンジョン探索に行くも初めての恐怖に身が竦んでしまう。
しかし自身の情けなさに奮い立ちその唯一の職業「後衛」の力が発揮されていく。

ストーリーのさくさく感と戦闘シーンの面白さがおすすめポイント

世界最強の後衛というタイトルですが本当に職業「後衛」です。

支援職であることは間違いないですが回復もできる万能職になっています。
支援職の中でも優れた職であることは間違いないですが自分を守れないのと攻撃手段がほぼないので最強感無双感は薄め
というかその場合万能ではあっても最強ではないのでは…

しかし最強ものといえば1人が特化することが多い中1人の万能支援職によってみんなが映えるのは良い点だと思いますね。
パーティメンバーが多いですし能力もバラバラですが全員に能力の良さが出ています。

ゲージ溜めによる必殺技も単独じゃなくコンビネーション技にできる点もゲームっぽくていいですね。
跡部も他にはないゲージ溜めの支援ができるので主人公として中心を取れるのも良いと思います。

戦闘も結構しっかり描写してくれていますし動きの描写も上手ですね。
ストーリーもシンプルな冒険者でわかりやすくサクサク進んで面白いかと。
なろう系異能アクションとして当たりの漫画と言えるんじゃないでしょうか。

世界最強の後衛 ~迷宮国の新人探索者~より

クオリティ高いので安易なハーレムはいらないような…

絵は良い方なんじゃないかなと思います。

パーティメンバーが全員女で跡部も巨乳おねえさん2人に好かれたりロリっこ無口亜人に好かれたりハーレム化がハイペースで進みます。
五十嵐が美人上司で前世から好きであるということもあり恋愛要素も全面に出てくるかもしれません。
しかしロリっこ亜人のテレジアを人の姿に戻すことが目標だったり通常は信頼度が上がらない亜人の信頼度が上がったり。
テレジアがメインヒロインとして今後も進みまそう。
ロリっこ亜人なので娘のように進むかもしれませんが如何せんハーレム要素が多いですからね。

なろう系では仕方ない流れですがまあ夜に跡部のスキルの影響で発情する要素もあるのでハーレムものでもあるのかな?
特にえろ要素もないので今後のために残しておいた感がありますが。
まあ絵が綺麗でハーレムものならそれもよしですかね。

しかし戦闘シーンがいいだけあってハーレム化しなくてもよかったのではと思っちゃいます。
クオリティが高いので中途半端なハーレム要素は邪魔になっている感じがしますね。
なろう系だとハーレムを出さないと受けないのかもしれませんがそこがもったいない。

普通の少年漫画っぽく進めても受けたんじゃないかと思います。

感想まとめ

なろう系の良作漫画ですね。
戦闘シーンがしっかりしていてパーティ全員に役割があるのが非常に面白いです。

最強系漫画だと戦闘シーンが上手くても主人公が無双して終わりのものが多いですからね。
支援職のおかげでみんなが映えていくのはあまり見ない良さだと言えるでしょう。

ハーレム要素はおまけというか無視でもいいくらい。

無料で試し読みもあるのでぜひ利用してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました