【ありふれた職業で世界最強】ネタバレ感想 なろう系でアニメ化した厨ニ感満載漫画

ネタバレ

ありふれた職業で世界最強を読んでみて感想を書いてみました。

厨ニ感満載の主人公とド派手な戦闘が魅力です。
アニメ化は評判がよろしくないのでぜひ漫画を読んでほしい。

ネタバレもあるのでご注意ください。

あらすじ

主人公南雲ハジメを含むクラスメイト全員は同時に異世界に召喚される。

異世界についての説明や職業の説明を受け、クラスメイトは自身のチート職業を確認していく。
非戦闘職でもなにかしらチート能力があったが、ハジメだけは非戦闘職でかつ突出した能力のない「錬成師」になってしまった。

それでも腐らずみんなのために学問に励んでいたある日、全員がダンジョン「オルクス大迷宮」で訓練することになった。

圧倒的に劣る能力ではあったが工夫して戦っていると、クラスメイトが罠にかかり全員別場所に転移させられる。
そこでは20層までで訓練するレベルの全員の前の前に65層の魔物ベヒモスが現れ、背後には大勢のトラウムソルジャーが現れた。

ハジメはクラスメイトを後方に逃がすため勇者に指示を出し、単身ベヒモスに挑む。
錬成能力で足止めをしクラスメイトにベヒモスを攻撃をしてもらうが、それに紛れてクラスメイトに攻撃され奈落の底へ落とされてしまう。

そしてそこは「真のオルクス大迷宮」だった。

落ちて早々に魔物に左腕を食われたが、壁を錬成し穴蔵を作りギリギリで逃げ延びるハジメ。
偶然そこにあった神水には回復効果が有った。
腹を満たすために食べた魔物の副作用で崩壊しそうになる身体を、神水で回復しながら激痛に耐え生き延びていく。

魔物を倒したことと食べたことでスキルや急激なレベルアップをし、迷宮を下っていった。
はてしない層を下っていき、封印されていた吸血鬼の少女を助け出し仲間となる。

そして強大な敵を倒しながら「真のオルクス大迷宮」を抜け、地球に帰るために「神代魔法」を手に入れる旅に出る。

厨ニ感が魅力で銃系と大魔法2つの魅力ある戦闘が最高

闇落ちしたダーク系主人公ですね。
なろう系の中でもかなりきつい状況に追い込まれる主人公ではありますが、復讐心はあまりありません。
性格の変化は心の優しいいい子だったのが目的のためには手段を選ばない性格に変わった程度ですね。

ハジメの攻撃技は基本どでかい銃タイプの錬成武器です。
「ドンナーシュラーク」「シュラーゲン」「パイルバンカー」「オルカン」などなど多数の武器があります。
しかしそのどれもがただの銃ではなく、レールガンやミサイルランチャーなどの大きめの武器になっています。

スキルは「宝物庫」「纏雷」「空力」「神代魔法」など多くありますがほとんどが迷宮で手に入れたものや魔物を食べたスキルですね。
職業「錬成師」のスキルは武器生成や細かい部分でしか役立たず、実は強かった職という要素もありません。

どでかい銃や復讐者でないダーク系主人公という厨ニ心揺さぶられますね。
この漫画の良い点はメインヒロイン役のユエが大魔法役を兼ねるということです。
戦闘は各々が行うのでどちらかに偏る通常のなろう系とは異なり、2つの派手な戦闘を楽しめます。

ユエは見た目は少女ですが「魔力操作」「自動再生」によって成長が止まっており、発言なども割と大人なところも特徴的。
大魔法には種類が多く「蒼天」「凍獄」「天灼」「禍天」などなど、この他にもかなりの数の魔法を所持しています。
魔法自体も攻撃魔法はほとんどが大魔法で、ちまちました攻撃はあまりありません。

他に序盤シア・ハウリアというおっとり系グラマラス美女も仲間になり、残りの肉弾戦闘を担ってくれています。
ギャップが半端ないですね。

ありふれた職業で世界最強より

絵がうまく戦闘描写にテンション上がる ハーレム要素も

魔物が魅力的なのも特徴で、迷宮ボスはちょっと大きいどころではなく何十倍も大きい魔物も多く登場します。
絵も上手なので魅力が増し、戦闘描写もしっかり描かれているところは最高です。

ちなみにキャラクターも可愛いですね。萌系ではありませんが。
恋愛要素もありますが、ユエと相思相愛でありシアが露骨にアピールしてくるのでちまちました恋愛要素はありません。
といっても他のキャラクターもハジメのことを好きになってハーレム状態にはなりますがね。

基本的なメインキャラクターはほぼ女性ですが勇者が男ですし、クラスメイトに固有名詞もついてるので男性キャラクターもちょこちょこ登場します。

サクサク「七大迷宮」に挑んでくれる

冒険するタイプのなろう系ではありますが、ギルドでクエスト受けて1箇所を拠点とするタイプとは異なります。
神代魔法を手に入れるために大きなダンジョン「七大迷宮」に入るのが基本ですね。

ギルドに訪れるのは金銭回収とかのおまけ程度です。
ストーリー部分もありますが結構サクサクしているところも魅力的ですね。
割と間を開けることなく「七大迷宮」に挑んでいます。

感想まとめ

全体的にトップクラスのなろう系漫画と言えるでしょう。
ダーク系闇落ち主人公ならなろう系トップと言えるほど面白いかと思います。

しかし長所でもありますが人によっては厨ニ感満載の漫画は敬遠すると思うのでそこは注意ですね。
裏切り、眼帯、義手、闇落ち、最強、銃とこれでもかというくらい主人公には厨ニ要素が盛り込まれていますから。

厨ニ好きな人なら真っ先に読むべきなろう系でしょう。

無料で試し読みもあるのでぜひ利用してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました