【ベイビーステップ】超本格超現実的テニス漫画 ネタバレ感想

ベイビーステップ ネタバレ感想 ネタバレ

ベイビーステップを読んでみて感想を書いてみました。

本格テニス漫画です。
かなり現実的な内容になっているので普通のスポーツ漫画を想像しているとあれ?と思うかも。

ネタバレもあるのでご注意ください。

あらすじ

ある日、丸尾栄一郎は鷹崎奈津にノートを貸してと言われるが、その丁寧さと几帳面さから変人と言われてしまう。


運動不足解消のため「STC(南テニスクラブ)」の無料体験に参加すると、そこでは奈津がプロを目指して練習していた。
栄一郎は体力がなく小学生のスクール生に馬鹿にされるほどであったが、持ち前の真面目さで毎日走り込みをしスクールのトレーニングについていけるほどになった。


初めての試合で第5シードの大林に善戦し、三浦コーチに「視力」を含む才能の高さを見込まれる。
どんな試合もノートを取る変人とも言える生真面目さ、目の良さ、愚直とも言えるほどの努力量によって急速に実力を上げていく。



そして1年後の大会「神奈川ジュニアテニスサーキット」では多くの猛者を打倒しベスト4となった。


ベスト4になったこと、池爽児に出会ったこと、奈津の影響もあって両親を説得し本格的にプロテニスプレーヤーを目指してトレーニングをこなしていく。

本格テニス漫画で主人公の能力も地味ですがそこがいい

本格テニス漫画ですね。
主人公の特別な才能は目の良さとコントロールの良さで、試合のほとんどが地味なものになっています。



スポーツ漫画の主人公とは言えないような能力ですが、だからこそ本格的なスポーツ漫画を読みたい人におすすめできますね。
努力量は多いほうですがアナログスポ根漫画に比べると現実的な範囲です。

数時間永遠と壁打ちをすることが現実でするかと言われると別ですが。



最初は塾や勉強が忙しいので合間合間の練習になっています。


プロを目指すとなったときに両親を説得し、塾を辞め勉強を抑えて練習をしていきます。

説得するためにプレゼン用の資料を作ったり、材料として「全日本ジュニア」で優勝しなければ諦めると宣言するなど生真面目さも特徴です。


毎回試合中にもノートを書いてることも広まっていて「ノートの人」として知名度も高いくらい真面目です。

ノートを取りはしますが、一般スポーツ漫画のデータキャラとは違い特徴を掴む程度ですね。



才能の地味さと真面目さもあって全ての能力値を平均的に上げる守備的なオールラウンダータイプです。

三浦コーチに言われた「全てのボールを打ち返してコントロールできれば理論的に敗けない」という言葉を重視している点からもうかがえます。



メンタルも強くどんなに劣勢でも勝利のために集中できる強さがあります。


理論派で真面目さを武器にする主人公に対し、感覚派で大雑把な人間であるヒロインが対極的に描かれていますね。

ベイビーステップより

高校からプロまでのテニス人生を描いていて内容はかなり現実的

本格テニス漫画ということもあって高校の大会はありません。

スクール生としてプロのための大会に出場していくため負け試合も多いです。
だいたいが優勝や優勝手前まで行くスポーツ漫画と違い先が読めないところも魅力的ですね。


そのためかスポ根漫画に比べると1試合にかける選手の熱量は小さめなので、そこはかなり好き嫌いが分かれると思います。



高校からのプロテニスをメインとした人生を描いているのでちょくちょく奈津との恋愛要素も出てきます。
頻度で言えばメジャーと同じくらいですね。


チームメイトとの友情も薄めで現実的な友達程度

短期間ではありますが留学もしますし「全日本テニス選手権」からはプロとしての描写も多く、主人公以外のテニス描写自体が少ないです。

日本ランキングや世界ランキングも登場しプロとしてメーカーと契約を結ぶことにもなります。
契約も用具提供だけから資金提供への変化も描写されていたり。


その点においても現実的にプロを目指している人間を知れる漫画として魅力がありますね。

感想まとめ

本格スポーツ漫画を読みたい人はおすすめですね。


しかし友情努力勝利が際立つ熱いスポーツ漫画を読みたい人にはちょっと不向きです。

スポ根というわけでもないのでおすすめできる人は限定的かも。



テニス漫画が読みたい人にはもちろんおすすめできます。


かなり本格的な漫画ではありますが、絵は少年漫画感がかなり強いので読みやすさはありますね。


無料で試し読みもあるのでぜひ利用してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました