無双航路〜転生して宇宙戦艦のAIになりました〜【ネタバレ感想】

ネタバレ

無双航路〜転生して、宇宙戦艦のAIになりました〜 を読んでみて感想を書いてみました。

巨大戦艦とがっつり宇宙のSFが魅力的な漫画。

まだ話数が少ないですがこれから無双系宇宙戦争がどう描かれるか楽しみです。

ネタバレもあるのでご注意ください。

無双航路〜転生して宇宙戦艦のAIになりました〜の概要

基本情報

・2020年8月6日1巻発売
・講談社
・シリウスKC
・石口 十/松屋 大好/黒銀(DIGS)

あらすじ

主人公阿佐ヶ谷真は普通の高校2年生。

しかし学校へ向かっている途中宇宙のとある巨大戦艦に転生してしまう。

砲撃を受けると自分の身体にも痛みが走った。

周りを見渡すとそこは多くの巨大戦艦が宇宙戦争してる真っ只中。

味方艦隊が全部堕ちてしまい阿佐ヶ谷の戦艦だけが集中砲火を受ける。
だがとっさに機転を利かせなんとか乗り切った。

操縦席の少女に「止まれ、カプリコン」と声をかけられると、激痛が走り動けなくなってしまう。

緊急的に命令できる手段が乗組員には存在した。

ただ乗組員の多くは人間の命令を無視し、命令なしに人間を行動できるAIを危険とみなし消去しようとする。

そこでご主人さまのソハイーラだけが異を唱え、メリットも大きいと発言した。

おかげで無事消去は却下され、この宇宙戦争にAIとして乗組員をサポートしていく。

宇宙戦争SF漫画

巨大戦艦バトルメイン

かなり特殊ななろう発異世界転生漫画です。

がっつりSFなので、異世界転生漫画ジャンルよりSFジャンル好きのほうがおすすめできるでしょう。


宇宙を巨大戦艦で飛び回り戦争をするというロマン溢れる漫画。

ロボ系・戦艦系・巨大系が好きな人にはものすごいツボなんじゃないでしょうか。


人型ではありませんし詳しくはわかりませんがガンダムに近いのかも。

現代知識をもった有能AI主人公

主人人公自体は普通の高校生ですが、頭の中には多くのデータが流れ込んできています。

世界の成り立ち、歴史、文化、兵器などなど。


さらには元いた世界の異世界には存在しない記憶も保持しています。

桜や学校、クラスメイトの女の子など。

無双航路というタイトルなだけあって、異世界の既存のAIでは思いつけない防御法などを使用可能。

処理速度が人間とはかけ離れ、ガチガチのAIレベルにまでなっています。

戦闘方法は宇宙戦争らしい砲撃

戦闘方法は巨大戦艦のレーザーのようなもの。

ミサイルや大砲でもあるかも。


アクション的な動きで無双するのではなく、戦略的に無双する様子。

異世界の常識にはない変形バリアや戦略を駆使して戦争だけでなく、内部抗争にも大きな影響を与えています。

もしかしたら哲学的要素も出るかも?

この状態だと哲学的な話も出てきそうですね。

自身が高校生の知識を持ったAIなのかAIに乗り移ってしまった人間なのか。
自分の存在さえ疑ってしまいそう。

まだ話数が少ないためそこまで深い話は出ておらず、SF戦争の話のみです。

無双航路〜転生して宇宙戦艦のAIになりました〜より

ヒロインは貴族的振る舞いが鼻につくけど優しい女の子

主人公の戦艦はカプリコンという名称で帝国第八皇女がご主人さま。

名前はソハイーラ・ユリウス・メイローザとかなりのロングネーム。


この女の子ちっちゃくて見た目も可愛いんですが、転生したばかりの主人公にかなり上から目線なのが鼻につく。

昔ながらのツンデレキャラが好きな人には大好物でしょうね。

たとえば涼宮ハルヒとか。

まあAIと考えているならしょうがないことではありますが。

貴族的振る舞いというだけなので気にならないひとは気にならないかもしれません。

実際主人公に興味をもち消去を止めてくれたわけですしね。

人間を殺すことのでき自分を人間だと誤解した自立行動AIなんて危険すぎるものなのに。

女の子も可愛いけどやっぱり巨大戦艦が魅力的

絵がかなり上手なので巨大戦艦やレーザー攻撃がかなり魅力的。

SFに興味ない人でもそそられるような描写です。

細かいところまでしっかりと描き込まれていて読みやすいですね。


ご主人さまの少女もばっちり可愛いですが、やはり巨大戦艦に目を奪われます。


戦艦が本体でも恋愛やハーレム化ってするんでしょうか…

ネタバレ感想まとめ

なろう系異世界転生漫画の中でも珍しい極端なSF漫画です。

なろう系好きでSFをあまり読んだことがなかった人もここから出発してもいいでしょう。

話数が少ないのでまだなんとも言えませんが、巨大戦艦漫画として重要な絵の部分はばっちりです。


無料で試し読みもあるのでぜひご利用ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました