読みやすいデスゲーム漫画【リアルアカウント】感想ネタバレあらすじ

ネタバレ

デスゲーム漫画リアルアカウントを読んでみての感想を書いてみました。
多少のネタバレもあるのでご注意ください。

あらすじ

SNSで大人気の「リアルアカウント」で柏木アタルはのめり込んでおりリアルで友人はいないほどだった。
そんな時アタルはリアルアカウントの世界に吸い込まれデスゲームに参加させられる。
最初に突如行われたのは「フォロワー0で即死亡」「プレイヤーが死ぬとフォロワーも即死亡」という予選だった。
リアルの友人が1人もいなかったアタルは急激にフォロワーが1人となってしまい残るは妹の柏木ユリだけになってしまう。
ユリを巻き込みたくないという気持ちからアタルはユリをブロックしたが寸前でフォロワーが1人できたことで無事生き残ることに。
ゲームを勝ち進むうちアタルの衝撃な過去があらわになる。
さらにプレイヤーのランキングが表示されそこには運命の人物が表示されていた…

明るめのデスゲーム漫画という珍しいジャンル

デスゲーム漫画です。
ゲーム内容のほとんどが若者用語だったりSNSに因んだものになります。
「黒歴史裁判」「リア生ゲーム」「既読スルー撲滅運動」「鎮静かまってちゃん」などなどゲーム名もそういうものが多いですね。
デスゲームものは暗めな描写が多くシリアスな絵だったりするんですがこの漫画はあんまりないですね。
キャラクターたちはもちろんシリアスなんですが絵が明るいためか今どきに合わせているためかあまり描写に重さはありません。
その分夢中になれる度合いも下がりますが読みやすさは上がっていると思います。
デスゲーム特有のグロさは当然ないですが特徴的なゲームと強烈な理不尽さが面白い漫画です。

リアルアカウントより

スイッチする主人公が…

途中で主人公が変わるのも特徴です。
最初の主人公はザ・いい人として描写されていますが2人めの主人公は凶悪な性格。
とはいっても頭が切れて口の悪さが目立つ程度ではありますが。
頭が切れる部分に関しては知的デスゲーム主人公としてのモノは持っていると思います。
凶悪な性格はちょっと中途半端といいますかダークヒーローとまでは言えないのに寄せていってるのがちょっと気がかり。
2人目の主人公も最初はいい人として描写されるんですがそれが演技でいきなり豹変します。
ただ豹変した割にはそこまで粗暴でもないし容赦なさもそこまでで途中から口悪いいい人くらいになっちゃうんですよね。
ただダークヒーローが好きじゃない人もいますし物語もデスゲームにしては明るい感じなので重くないくらいの方が丁度よくて合っているとも思います。
ここが結構意見がわかれるところじゃないかなと。

まとめ

デスゲームものを読み始める最初の漫画として適しているかなと思います。
これで理不尽漫画に慣れて他の理不尽で非道なデスゲームものに入っていくといいかなと。
逆にデスゲームものが大好きで見慣れている人からするとちょっと物足りないかもしれませんね。
ただ全24巻出ているだけあって物足りなさはあってもつまらなさはなく十分面白いと思います。
若者向けのゲーム内容なので当然若者の方がこの漫画を楽しめると思いますが知らなくてもゲーム内容がわからなくなったりすることはないので安心してください。
迷う方は2巻のラストまでが第1主人公で一旦区切りがつくので2巻まで読んでみるといいと思います。
2巻の終わりまでが最初の主人公で3巻の始まりが新主人公で中途半端に終わることもないので。
無料で試し読みもあるのでぜひ利用してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました