なろう系ハーレム!最強の種族が人間だった件【感想ネタバレあらすじ】

ネタバレ

なろう系漫画最強の種族が人間だった件の感想です。
多少ネタバレもあるので注意してください。

あらすじ

平凡な主人公雨崎葉司は仕事の辛さに病んでいた。
そんな時突然異世界に転移させられる。
その世界では人間こそ最古にして最強の種族だった。
人間は多くの宗教で信仰にされるほどの存在。
そんな存在をめぐって戦争が起きるのを避けたかった主人公は、自分を召喚したエルフと隠れ住める安住の地を築くことになる。

基本ジャンル

ハーレムものですね。
最初に召喚してくれた人もエルフの女の子で、徐々に周りに女の子が集まってきます。
信仰対象になるほどの人種なので無条件で好意を寄せられます。
完全にイチャイチャ系ですね。
目的がばれないようにひっそりのんびり暮らすということもあって冒険はありません。

最強の種族が人間だった件より

主人公は異世界転生ものの中でも上位

戦闘能力は結構高いです。
明確にステータス画面があったり変なスキルがあったりするわけじゃなく、人間というスペックそのものが優秀です。
具体的には最弱火スキルと思われる家庭用魔術プチファイアが伝説の火属性魔法と酷似してると言われるほど。
一番最初にエルフが使った魔術を真似て月を消し飛ばすほどです。
しかしそれでも主人公にイキリ感はありませんね。
敵には毎度怯えますしそのへんはリアリティがあるともとれます。
そのためうざい感がないのは見やすいですね。
そこそこのスキルで月を消せるんでもうちょっと強気になれよって違和感はありますが…

髪の毛だけでも超お宝になる人間のパーツ

人間の身体は部分的にも素晴らしい価値があり、髪の毛一本ですら奪い合いになります。
人間のパーツは聖遺物と呼ばれていて、戦略兵器としての力があります。
食べ物にかぶりついたときについた唾液だけで空腹が収まるレベルです。
加えて魔力にもかなりの上昇効果を与えます。
なので生きている人間本体が世間にバレたら奪い合いの世界戦争直行とのこと。
社畜に疲れた主人公はもう政治争いなどにも関わりたくなくて隠れ住みたいんですね。
バレる要因として周りを助けたくなる主人公気質は当然持ってますが、パートナーのエルフが秘密を守らせる呪印を使えたりします。
さらに体液に媚薬効果があり、体中を舐められたり女の子たちはすぐ裸になります。
ハーレム系なだけあってやたらそういうシーンはありますが、内容自体は結構あっさりしています。
そういうシーン目当ての人には適さないかも。

まとめ

オススメできる人はのんびり系異世界転生ものが好きな人ですかね。
冒険だったり学校だったりが好きな人は合わないです。
可愛い女の子とハーレムを楽しむのが好きな人がメインターゲットかも。
絵も可愛いのでそこは満足できると思います。
試し読みもあるのでぜひ利用してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました