2020年秋アニメ化【トニカクカワイイ】夫婦ラブコメ漫画ネタバレ感想

トニカクカワイイを読んでみて感想を書いてみました。

夫婦生活のラブコメです。
ハヤテのごとくと同じ作者のため似ている点が非常に多くなっています。

2020年にアニメ化も決定しましたね。

ネタバレもあるのでご注意ください。

あらすじ

雪が降る夜、主人公由崎星空(ナサ)は学校帰りに1人の女性に一目惚れをした。

しかし声をかけようとした時トラックに轢かれてしまい死にかけてしまう。
意識が薄れていく中で声をかけてくれたその女性が未来のお嫁さんであり最初の会話でもあった。


どうしても彼女の名前が聞きたいと気合で起き上がり、血だらけになりながらもナサは彼女を探す。

バス停で本を読んでいた彼女を見つけ可愛すぎるその容姿に打ち震えたナサは告白した。


「私と結婚してくれるなら、付き合ってあげる」


そう言われ即座に「はい!喜んで!」と返したその瞬間意識が途切れてしまった。

目を覚ますとすでに春になっており彼女はそばにいなかった。


毎日リハビリと勉強を繰り返すも時期的に中学浪人。
翌年トップで高校に入学したが行く気になれず、彼女に会える日を期待して接客や配達バイトをしながら毎日を過ごした。


18歳になり一人暮らしをしてる彼の前に待ち続けた彼女が現れる。

そして「司」という名前を教えてもらい、この日から夫婦の物語が始まった。

めちゃくちゃニヤニヤできる夫婦ラブコメ

中学から少なくとも3年ひと目見ただけの人に片思いし続けるってすごいですよね。
漫画のような(漫画ですが)誰もが夢見る結婚です。


司がナサの前に現れるだけならともかく、婚姻届まで持ってくるのはぶっとんでますね。
ですのでほぼ初対面でお互い何も知らず結婚します。


結婚してからピュアな男のラブコメが始まるという全く新しいラブコメです。



主人公はピュア系男子でヒロインの司はクール系照れ屋女子
スーパー電撃結婚なのにピュアというもうよくわからない状態。

ナサは手を握りたい放題というだけでテンション上がりまくるほどピュアです。


司はクール系ですがくさいことははっきりと言えちゃいます。

笑顔で「私…あなたのおよめさんだよ。だから、どこにも行かないわ」なんてさらっと言えるくらい大人な女性。


そのお互いの違いにうがあああああ!!ってなっちゃうようなもどかしさがあります。

とはいえコメディ部分では司のテンションもものすごい変化したり、逆にくさいこといわれるとものすごい照れたりするんですけど。

加えて言えばどんどんハヤテのごとくのナギ化していくんですけど。

お互い攻めに回るときは平気ですが受けに回るとものすごい照れますね。



家は恐らく1LDKですが小さい家で風呂すらないというのも純愛の良さがあります。


そもそも貯金があるとはいえ主人公がフリーターでヒロインは働いてないですし。

学生結婚や学生同棲ならこんな感じになるのかな。



ストーリーは夫婦生活が短編的に進むのでシリアス部分は少なめですね。

ナサは普通の人っぽいけど司にはなにかがある

ナサは火がつくとものすごい努力家で全中模試で1位を取れるほど優秀な男です。

しかし名前を小馬鹿にされるのを嫌って自分は「NASAより早く光速になる男」とか言う残念系主人公ですね。


交通事故で中学浪人してしまったら腐ってしまうのもわかりますね。

フリーターで18歳までに500万超えの貯金をするのは半端ないと思いますが。


しかしまあそれだけ優秀設定ということもあって豆知識が結構登場します。
羽根布団と羽毛布団と温泉布団の違いとか。



司については謎が多いです。


夫の奈良にある実家に訪れたときは「千年経っても山の形というのは変わらない」と発言したり織田信長など歴史上の人物に直接あったかのように話してます。

さらに考古学者が普通の人にはわからないとまで言う古代文字の資料をサラッと読めちゃいます。


最初のトラック事故の際も、庇われたナサですら血だらけで死にかけたのに庇った司は血だらけになっても平気そうでした。

彼女自身、自分の体は怪我も病気もしないと発言しています。



1巻からずっと竹取物語やかぐや姫の話が出てきていることから、なにかしら関係があるのではないかと。
加えて司のものとして鍵ノ寺家に月の石が保存されていたり。


ですので恐らく彼女自身がかぐや姫やなんらかの地球外生命体であるか、不老不死能力を持っているかはあると予想できますね。



ちょこちょこ小出しにされているのでいつかはシリアス編で正体が明かされると思います。

ハヤテのごとくとそっくり 好きな人は絶対気に入る漫画

キャラのノリは完全にハヤテのごとくですね。
シュールなコメディ要素とぶっとんだ行動をする点が全く一緒です。

絵もハヤテのごとくの人と一緒なのでおすすめする層はまるっきり同じになるでしょうね。


主人公のナサがハヤテ、ヒロインの司がアテネもしくはヒナギクと考えたら違いがわからないくらい一緒です。



恋愛より夫婦生活を題材にしたコメディ要素のほうが強いです。


笑えるというわけではありませんがニヤニヤできるといった感じ。



ちなみにハヤテのごとくの愛沢咲夜らしき人物とレンタルビデオ屋のワタルとサキが第30話で登場します。

まあ登場すると言っても顔が描かれていないモブとしてなんですが。


他にもいるかも知れないのでハヤテのごとくファンの人は探してみても面白いかもですね。

感想まとめ

ラブコメ漫画でコメディをしっかりしててニヤけれるのですごいおすすめです。

ハヤテのごとくとかなり似てますしアニメ化も受けるんじゃないかなと。


ハーレムがなくてえろもないのにこれだけ面白いとなるとラブコメでも上位に入りそうですね。
日常コメディ要素が強すぎかもしれませんが。



無料で試し読みもあるのでぜひ利用してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました