【出来損ないと呼ばれた元英雄は…】なろう系最強漫画【ネタバレ感想】

ネタバレ
スポンサーリンク

出来損ないと呼ばれた元英雄は、実家から追放されたので好き勝手に生きることにしたを読んでみて感想を書いてみました。
なろう系の最強主人公漫画ですね。
技名がダーク系じゃないのに厨ニ感すごくてカッコイイです。
ネタバレもあるのでご注意ください。

スポンサーリンク

あらすじ

前世に英雄として世界を救ったが女神から授かった理外の力を人々に恐れられ迫害された主人公アレン。
世界を去ることにした彼は次は平和な暮らしがしたいと女神に願った。
聞き届けられたはずのその願いはアレンを公爵家へと転生させた。
成人を迎えた際にステータスに5以上が1つでもあると神童と呼ばれるその世界で彼は5歳の時点で既にステータスALL5になっていた。
しかし10歳以降レベルは上がらないようになってしまいどんなものにも与えられる神々の「ギフト」ですら与えられなかった。
公爵家を追放となり自由の身として辺境を目指すアレン。
道中で元婚約者のリーズ護衛のベアトリス手が空いているならと護衛をお願いされ2人の旅についていくことになる。

最強主人公と厨ニ感溢れる技名

なろう系の最強主人公です。
前世で迫害され現在も家を追放されてはいますが復讐系主人公ではありません。
かなりのんびりした性格の主人公になります。
チート能力者ですがステータスは序盤に数字として出ていても現在の能力値はわかりませんね。
しかし前世で手に入れたチート厨ニスキルを持っています。
1巻の時点でのスキルですら5つも出て実際に使用したスキルとしてはなろう系でもちょっと多いくらいですね。
【全知の権能(コードアカシック):天の瞳】 探知スキル+
【剣の権能(ワールドエンド):百花繚乱】 たくさんの剣が現れて上から斬りつける技
【剣の権能(ワールドエンド):斬魔の太刀】一振り+衝撃波 
【剣の権能(ワールドエンド);極技・閃】 振り下ろしに閃光のような特大ビームのような衝撃波
【理の権能(パラレルパラドックス)魔導:ヒーリングライト】 えぐれた腹をも治し服すら元通りにする

百花繚乱は遊戯王でいう光の護封剣みたいな感じ。
ブリーチでいうと朽木白哉の千本桜景厳ですね。
上に出る剣の見た目はそうですが現状は上から剣を一振りするシーンのみです。
ヒーリングライト傷を癒す力なんて存在しないと言われる世界での強力治癒スキルなので相当チート。
さらにアキラという今代の勇者で2年前に王国最強まで後1歩まで迫った人間を即倒すほどの実力を持っています。
どんな敵でも1撃で終わらしてるのでアクション漫画とはいい難いですがなろう系最強主人公としてはカッコイイと思えます。
戦闘よりも登場人物たちの性格がいいですね。
主人公のアレンなんかは変にもったいぶったりドヤったりとぼけたりしないですしカッコイイ余裕のある大人という感じで好きになれます。

出来損ないと呼ばれた元英雄は、実家から追放されたので好き勝手に生きることにしたより

最強系だけど戦闘描写が一辺倒

絵はちょっとカクついていますがまあ普通ですかね。
女性キャラといちゃついたりもしないですし上手とも下手とも思わないくらいです。
どのキャラも顔が相当似ているとは感じますが髪や服装でパット見はそう感じません。
問題は技ですね。
1巻の時点で3つも剣技を出したにもかかわらず振り下ろし(振り上げ?)描写に派手さを加えているだけ。
せっかくのカッコイイ技名と派手さなのにこれではもったいないです。
使うのどれかは絶対1度きりだろと思ってしまう。
2巻でも新技が出ますしそんなに技覚えられるかな?
ちなみにその新技も振り下ろし一発だけでもう全部剣の一振りだけで違いがわかりません。
ここまで出すなら戦闘描写をもう少し描いてほしいですね。

感想まとめ

全体的には悪くない感じでしょうか。
名前や技がカッコイイのとなろう系最強主人公にうざさがなくいい性格なのが一番大きいですね。
戦闘描写がもう少しどうにかなれば結構面白いなろう系になると思います。
主人公は平穏のんびりほのぼのライフを求めているみたいですがストーリーは冒険譚ですね。
ストーリーに関しても悪くないですし今後どうなるかが楽しみです。
無料で試し読みもあるのでぜひ利用してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました