乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です  ネタバレと感想!

乙女ゲーはモブに厳しい世界です ネタバレ

乙女ゲー世界はモブに厳しい世界ですを読んでみて感想を書いてみました。
多少のネタバレもあるのでご注意ください。

乙女ゲー転生系の漫画といえば大体はヒロインである主人公がイケメンたちに囲まれる逆ハーレムを想像すると思いますが、この漫画はゲームのモブに転生した主人公(男)がムカつく女と周りの頭弱い系男子に囲まれながら立ち向かうスカッと系漫画です。

乙女ゲー世界はモブに厳しい世界ですより

物語は義母であり父親の正妻であるゾラから50歳の女性と結婚するよう持ちかけられるところからスタートします。

このゲームは主人公すら呆れるくらいの女性優遇っぷりで、地位を手に入れなければ逆らうことはまず不可能なので、旅に出て異世界転生系の定番チートアイテム戦艦、浮島、ロボットを手に入れ、男爵の地位を手に入れます。

ここでゾラの悔しがりっぷりがスカッとポイント1つ目ですね。

男たちの不遇っぷり…

この状態で学校に入学し物語が始まっていくんですがそれはもう女性優遇っぷりがひどいのです。
基本的に全て上からで命令されるのは当たり前、男爵を自力で手に入れたカリスマルーキーの主人公ですらほとんど目立つことはありません。

この世界では結婚がすべてなのでなんとかしようとするもほとんどの相手に相手にされない状態です。

女性優遇といっても王族関係者である男はモテるのでみんなそちらへ行ってしまいます。

気持ちいいくらいの主人公の煽り

完全にモブ状態になっているんですが、あることをきっかけにその王族関係者の男たちと対立状態に。
そしてこの男たち、頭弱い系なんですね。さらに主人公のことも煽る煽ると。

ここで戦闘ロボ対決で王族関係者5人vs1人で余裕の完封をし、主人公が5人をめちゃくちゃに煽りまくるというところがスカッとポイント2つ目。ここが実際に漫画で見ると物凄く気持ちいいですスカッとしますね。

更に外のギャンブルで王族に賭けていた観客の女達もガッツリお金を取られスカッとポイント3つ目。

最後に文化祭でやたら絡んでくる女とその執事が入るんですが、そいつを思いっきり蹴っ飛ばしたところで3巻が終了。
次巻である4巻が待ち遠しくて仕方ないですね。

この漫画は乙女ゲー転生ものではあるんですが以上のことからだいぶ男性向きかなと。
ただ男も結構ボコられてるので女性でも楽しめるかもしれません。

間違いなく言えるのはストレスが溜まっている人ほど爽快感があって気持ちいい漫画ということですね!

今の所3巻までしか出ておらず追いかけやすいので読んでみて損はないと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました