僕の部屋がダンジョンの休憩所になってしまった件【ネタバレ感想】

ネタバレ

僕の部屋がダンジョンの休憩所になってしまった件を読んでみて感想を書いてみました。

珍しい体操服(ブルマ)が登場するハーレム漫画です。

もう最大のアピールポイントといったらそこでしょと言えるくらい(ブルマ)が大事な漫画。

可愛い女の子とハーレムを楽しむ異世界漫画が読みたい人用の作品。

ネタバレもあるのでご注意ください。

僕の部屋がダンジョンの休憩所になってしまった件のあらすじ

フリーター鈴木透が引越し先の部屋を探していると都内2LDKのマンションで家賃3万円という破格の物件を提案される。

危ない物件だと思いつつも大学中退のフリーターには魅力的な物件だった。

引っ越し作業を終え入ってきた玄関から外に出ると、そこは石造りで明かりもないダンジョンに繋がっていた。

転移してしまったかと焦ったが窓の外には普通の日本の風景が広がっている。

ダンジョン探索に心を惹かれヘルメットとピッケルを用意し探索に挑むと泣きじゃくって動けない女の子を見つけた。

怯えて気絶した女の子を家につれて帰り介抱してあげると大賢者と誤解されることに。

そしてなんでもすると言う女の子はアリアと名乗り共同生活が始まっていく。

どんな漫画?

異世界なろう系のハーレムラブコメ漫画です。

開幕から犯さないでとか何でもしますとかお漏らしが登場します。

基本的にはほのぼの日常が多いんですが所々にお色気シーンを挟んできますね。


側にダンジョンがありますしレベル上げにも勤しみますが、割合的には2割程度と思っていいでしょう。

冒険感は少ししかありませんし無双感も学園要素もありません。

ただ異世界と現実を行き来できるところは珍しいかもしれませんね。

そのおかげで現実らしい女の子との日常も描かれています。

主人公は強くないけどレアスキル持ち

透はトールと名乗り成長限界を突破できるスキルを持っています。

レベルが無限に上げれますし現代アイテムで自動レベル上げもしますが本人はさほど強くありません。

戦いは基本女の子ですし最低限必要なくらいですね。


異世界でちょっとレベル上げるだけで日本での能力が上がるので前向きに上げはしますが。

自動レベルアップ方法も本人は戦わず、監視カメラとダンジョン内の扉を自動で開閉させてモンスターを潰すという冒険感は全くなし。


さらにもう一つユニークスキル「キスした相手の成長限界を突破させる(1日3回、ちょっとだけ)」というものも所持。

異世界で定められた成長限界を突破するのはかなり難しいらしく、これによって可愛い女の子達がキスを求めてハーレム化が進みます。

肝心なハーレムと女の子のレベルは?

絵も可愛いし満足できます

ハーレムラブコメジャンルなだけあって女の子たちは可愛いですね。

泣き虫のあざとい系のアリアやはきはきとして元気なエルフのディート、猫耳獣人で積極的なキャットなど。

キャラ絵も上手なのでしっかりかきわけられてますし全員可愛いです。

異世界の女の子たちの文明レベルは低いので日本の何にでも驚くのも可愛い。

シャワーでパニックになったり玄関のチャイムに驚いたり。


さらにハーレムジャンルなので無条件で主人公は好かれます。

他の異世界漫画の中でも上位に理由なく好かれていますね。

無双シーンはありませんし人助けもあんまりしません。

現実アイテムでチートしていくこともないのでどこに惚れたのか全くわからないレベルです。

えろくはないけど体操服(ブルマ)が強い

ハーレムラブコメではありますがさほどえろくはないです。

ぽろりやキスシーン、脱ぐシーンは多いですがそれくらい。

いちご100%よりえろいけどToLOVEるよりえろくないハーレム漫画というところ。

わかりますかね…


キスでレベルが上がるっていう要素があるのでこのままハーレム要素も増えていきそうです。


レアなのは現実と行き来できる異世界漫画なので体操服(ブルマ)など現実アイテムが登場するのは最大の魅力。

なんだかんだ異世界ハーレムでブルマが登場する漫画はなかったのではないでしょうか。

もし好きな人がいたら是非参考にしてください。

僕の部屋がダンジョンの休憩所になってしまった件のネタバレ感想まとめ

異世界漫画のハーレムものを求めている人には丁度いいんじゃないでしょうか。

えろ系を求めている人には物足りないかも知れませんがハーレム系を求めている人なら満足できるでしょう。


冒険や異世界無双といった定番要素がないのでそこは注意。

ほのぼの系のハーレムではありますがほのぼのを求めている人もハーレムが強すぎて微妙なところ。


本当にハーレム異世界漫画が見たい人にこそおすすめする漫画といえますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました